7・組み合わせるのがいい

7・組み合わせるのがいい

腸に良いとされる乳酸菌、ビフィズス菌、発酵食品などは組み合わせると効果的。さらにラクトフェリンを摂取すれば、悪玉菌を抗菌する働きも得られるため、徐々に腸の状態がよくなります♪

 

腸に良い成分はなぜいろいろな種類が必要なのでしょうか?それは腸内にある善玉菌に偏りを出さないため。生活習慣病にかかっている人、アレルギー疾患がある方などは、腸にある善玉菌の偏りが見られているとも。だからこそ毎日同じヨーグルトを食べるのではなく、発酵食品などいろいろな食べ物からとったほうがいいのです!

 

一度腸内細菌に偏りが見られてしまうと、なかなか改善できないんです♪だからこそ、悪玉菌を減らすラクトフェリン、乳酸菌やビフィズス菌などもとりたい。太りやすい方の腸内細菌をほかの人に移したら、同じく太ったという研究データもあります。

 

健康的でスリムな体の人は、普段の食生活のなかで腸内細菌がたくさん育っているのかも。それ程までに腸内細菌は健康に左右するため、肥満治療に?せている人の腸内細菌が使えないか?ともいわれているんですよ♪

 

自分で整える場合は、ラクトフェリン、乳酸菌、ビフィズス菌、発酵食品などをとりましょうね。